Cloud9でMongoDBを動かしてみた

それではデータベースを使ってみましょう。

Cloud9ではMongoDBは最初からインストールされていますので今回はこれを使ってみます。

まずはDashboardで「CREATE NEW WORKSPACE」を選択し、プロジェクトの名前を決め、タイプをNode.jsにして作成します。

しばらく待つとプロジェクトの準備が終わり、「START EDITING」ボタンを選択すると編集できるようになります。
早速そのままserver.jsを開いて実行してみると、単純なチャットアプリが最初から動かせる状態になっているのがわかります。
f:id:gibachan03:20140118182029p:plain
ここでは名前とメッセージを入力して発言する形になっているので、この内容をMongoDBに保存するように修正してみます。

まずはMongoDBのバージョンを確認してみます。下部のTerminalで次のように入力します。

gibachan@mongodb:~/742153 $ mongod --version
db version v2.4.6
Sat Jan 18 04:38:52.594 git version: nogitversion
gibachan@mongodb:~/742153 $ 

そしてNode.jsからMongoDBへアクセするためのドライバが必要になるので準備をします。
ここでは最も基本的なドライバであるnode-mongodb-nativeを使ってみます。
Node.js Language Center
(普段はMongooseなどのライブラリを使った方が楽なんだと思います)

Terminalからnpmでモジュールをインストールします。

gibachan@mongodb:~/742153 $ npm install mongodb

ではドキュメントに従ってMongoDBを起動してみます。

$ mkdir data
$ echo 'mongod --bind_ip=$IP --dbpath=data --nojournal --rest "$@"' > mongod
$ chmod a+x mongod
$ ./mongod

続いてメッセージ情報を保存するための空っぽのデータベースを作成します。
View->Terminals->New Terminalから新しいTerminalを立ち上げ、次のようにメッセージ情報を登録するためのCollectionを作ります。今はドキュメントが何もない状態です。

gibachan@mongodb:~/742153 $ mongo --host $IP
MongoDB shell version: 2.4.6
connecting to: 127.5.145.1:27017/test
> show dbs
local   0.078125GB
> use chat_data
switched to db chat_data
> db.createCollection("messages");
{ "ok" : 1 }
> db.messages.find();
> 


準備が終わりましたので、server.jsのコードにデータベースへアクセスする処理を追加します。(コードは一番下に記載してます)

これでアプリを一旦終了し、再度実行してもメッセージ内容が保持されるようになりました。
f:id:gibachan03:20140118192108p:plain

ちゃんとデータベースに書き込まれていることがわかりますね。

gibachan@mongodb:~/742153 $ mongo --host $IP
MongoDB shell version: 2.4.6
connecting to: 127.5.145.1:27017/test
> use chat_data
switched to db chat_data
> db.messages.find();
{ "name" : "Yamada", "text" : "Hello world!", "_id" : ObjectId("52da53fb565dc70000423040") }
{ "name" : "Hanako", "text" : "See you next time.", "_id" : ObjectId("52da5414565dc70000423041") }

以上です。データベースも使えるといろいろ遊べそうです。

===== server.js =====

//
// # SimpleServer
//
// A simple chat server using Socket.IO, Express, and Async.
//
var http = require('http');
var path = require('path');

var async = require('async');
var socketio = require('socket.io');
var express = require('express');

//
// ## SimpleServer `SimpleServer(obj)`
//
// Creates a new instance of SimpleServer with the following options:
//  * `port` - The HTTP port to listen on. If `process.env.PORT` is set, _it overrides this value_.
//
var router = express();
var server = http.createServer(router);
var io = socketio.listen(server);

router.use(express.static(path.resolve(__dirname, 'client')));
var messages = [];
var sockets = [];

// --------------------------------------
// ここから追加
// --------------------------------------
var mongodb = require('mongodb');
var MongoClient = mongodb.MongoClient;
var Server = mongodb.Server;

// メッセージ情報をMongoDBから読み込む
var mongoClient = new MongoClient(new Server(process.env.IP, 27017));
mongoClient.open(function(err, mongoClient) {
    if(err) {
        return console.dir(err);
    }
    var db = mongoClient.db("chat_data");
    db.collection('messages', function(err, col) {
        col.find().toArray(function(err, docs) {
            if(docs) {
                for(var i = 0, len = docs.length; i < len; i++) {
                    var doc = docs[i];
                    // メッセージ情報を格納
                    messages.push(doc);    
                }
            }
            mongoClient.close();
        });
    });
});
// --------------------------------------
// ここまで追加
// --------------------------------------


io.on('connection', function (socket) {
    messages.forEach(function (data) {
      socket.emit('message', data);
    });

    sockets.push(socket);

    socket.on('disconnect', function () {
      sockets.splice(sockets.indexOf(socket), 1);
      updateRoster();
    });

    socket.on('message', function (msg) {
      var text = String(msg || '');

      if (!text)
        return;

      socket.get('name', function (err, name) {
        var data = {
          name: name,
          text: text
        };

        // --------------------------------------
        // ここから追加
        // --------------------------------------
        // メッセージ情報をMongoDBへ書き込む
        mongoClient.open(function(err, mongoClient) {
            if(err) {
                return console.dir(err);
            }
            var db = mongoClient.db("chat_data");
            db.collection('messages', function(err, col) {
                // 
                col.insert({ name: data.name, text: data.text }, function(err, doc) {
                    mongoClient.close();
                });
            });
        });
        // --------------------------------------
        // ここまで追加
        // --------------------------------------

        broadcast('message', data);
        messages.push(data);
      });
    });

    socket.on('identify', function (name) {
      socket.set('name', String(name || 'Anonymous'), function (err) {
        updateRoster();
      });
    });
  });

function updateRoster() {
  async.map(
    sockets,
    function (socket, callback) {
      socket.get('name', callback);
    },
    function (err, names) {
      broadcast('roster', names);
    }
  );
}

function broadcast(event, data) {
  sockets.forEach(function (socket) {
    socket.emit(event, data);
  });
}

server.listen(process.env.PORT || 3000, process.env.IP || "0.0.0.0", function(){
  var addr = server.address();
  console.log("Chat server listening at", addr.address + ":" + addr.port);
});